清水農園 HOME>ブルーベリー


ブルーベリー



2011年8月

植え付けから5年でもっとも多くの実がなりました。今年は地元の産直市が出来たこともあり、ティフブルーとホームベルを出品し、はじめて販売することができました。


2011年7月

(7月24日)
ティフブルー
今年も多くの実がなっています。

(7月8日)
ティフブルーが少しずつ収穫できるようになりました。
大きさは昨年と同じくらいです。

(7月5日)
ティフブルー
やはり今年は少し遅いようです。


2011年6月

(6月7日)
オニール(サザンハイブッシュ)


2011年5月

ティフブルー

オニール


2011年4月

ティフブルー
昨年より2週間くらい遅い開花です。

花粉を集めて交配しました。


2011年3月

(3月後半)ティフブルー
昨年にくらべ、少し遅いような感じがします。

早生種のオニールです。


2010年12月

上の画像はティフブルー。きれいに紅葉しています。
左と下の画像は、昨年植え付けした7本です。


2010年7月

ティフブルー

今年は交配をしたせいか、ホームベルについては昨年より実が多いです。ティフブルーは数は変わりませんが、明らかに大粒になっています。

ティフブルーは1.5cm〜2cmくらい、ホームベルは1.5cm前後です。

ホームベル


2010年6月
雨よけおよび防鳥ネットを張りました。

2010年5月
ティフブルー
ホームベル

2010年4月
 

花粉を集めて交配しました。
ティフブルーとホームベルを交互に受粉しました。
下は、黒い梵天で交配しているところです。
 
 

2010年3月
来月には満開になると思います。

2010年2月
剪定をしました。1月の予定でしたが、2月になってしまいました。
 

2009年11月
11月24日、苗(2年生苗)が届きました。ブルーベリー苗専門店からネット販売で購入しました。やっぱり専門店の苗はしっかりしていると思います。天気の関係で植え付けは、数日後になると思います。
11月26〜29日植え付けしました。
植え穴にピートモスと水を入れて湿らせ、その上に苗を植えるようにしました。
植え付け後は、もみがらでマルチし、たっぷり水をかけました。(マルチする前に肥料を少しまきました)。
 
上左(手前から)、ティフブルー、ブライトウェル、オニール
上右(手前から)、オニール、ブライトブルー、ティフブルー
左、パウダーブルー

2009年10月
土壌改良により、pH値は4.5〜5.9くらいになりました。
おおよそ5強なので、もう少し改良が必要かもしれません。
(ラビットアイは4.3〜5.3の範囲で生育が優れるそうです)

2009年9月
樹を増やすための準備をします。
(プラス7本して全部で10本にします。
植え付けは11月を予定しています。)

植え付け予定の品種
・ティフブルー
・ブライトウェル
・ブライトブルー
・パウダーブルー
・オニール
植え穴の土壌改良のため、
ピートモスと籾がらと土を混ぜておきます。
 
11月の植え付けまで、土壌の様子をみます。

2009年7月
ティフブルー

2009年6月
ティフブルー
ホームベル

2009年5月
ティフブルー
ホームベル

2009年4月
ティフブルー
ホームベル

2009年1月
ブルーベリーの剪定をしました。わかりにくいですが、左が剪定前、右が剪定後です。
 
 
 
 
 

2008年7月

ティフブルーは2本とも多くの実をならし、実は大きくおいしく食べられた。
 
 

ホームベルも多くの実がなったが、ティフブルーに比べ実が小さく少しすっぱい。
 

2007年

2007年7月

ティフブルー



ホームベルにはほとんど実がならなかった。

2006年

2006年9月23日、植え付け。









2006年9月20日、ポット苗を購入。
(左)ティフブルー(2苗)、(右)ホームベル(1苗)の2品種(ラビットアイ)。